早速、auカブコムで手数料コースを変更しました^^

猫

昨日(7/19)から、auカブコム証券の手数料体系が変わりました。

最大のポイントは、取引手数料が0円になる「一日定額手数料コース」の新設ですね。1日の取引が現物取引、信用取引の合算で100万円以下であれば、手数料が無料です。

取引額が100万円を1円でも超過すると、バカ高い手数料(2,200円)になりますので、取引ごとに課金される従来タイプの手数料とどちらを選択するか迷うところですが、ワタシの場合、ほとんどのケースで1日の取引額は100万円以下に収まるので、「1日定額手数料コース」を選択しました。

ちなみに、手数料コースの変更は、いつでもオンライン上で行うことができ、手続きを行った翌営業日から適用されます。もちろん、変更は、好きなだけ何回でも行うことができます。

普段は「1日定額手数料コース」にしておいて、どうしても高額取引を行う場合は、「ワンショット手数料コース」に切り替えるというのがベストな方法だと思いますが、ワタシの場合忘れっぽいので、そんなにうまく手続きが行えるかは自分でも大いに疑問です。

切り替えが上手く行かない場合、事実上、100万円を超えるような取引での優待クロスは封じられますので、もしかしたら後悔する場面がそのうち出てくるかもしれませんが、仕方ないですね^^;

なお手数料コースの設定や切替は、以下から行います。

「設定・申込」→「らくらく電子契約」→「お取引サービス」中の「手数料コース申込み」

ちょっとわかりにくいので、お気をつけください。「らくらく電子契約」の中にありますよ。

この「手数料コースの申込み」ですが、取引前日の21時までに手続きを行えば、翌営業日からの適用に間に合います。

この仕様であれば、翌日の優待クロス注文の発注にあわせて、一般信用売りの在庫量を確認しながら、手数料コースを柔軟に切り替えていくことも、タイミング的には十分に可能です。

優待投資家にとっても非常に使いやすい感じでGoodですね^^

なお、注文を発注済みだと、そのままの状態では手数料コースを変更できないようなので、注文を出す前に忘れずに希望の手数料コースを変更しておいたほうがよいでしょう。最大の注意点です。

ワタシの場合、手数料の見直し忘れという発注ミスが続出しそうで怖いですが、こればかりは自己責任ですね。

思い起こせばとんだ回り道だったような気もしますが、auカブコムさんの手数料も、ようやく他の証券会社並のまっとうな感じに近づきましたね。あとは、プレミアム料がなければ・・・

手数料が無料になったところで、本日(7/20)は、早速取引を1件行いました。PO(公募売出し)で同証券から当選をいただいていた東京産業(8070)が本日受渡日でしたので、早速、寄付で売りました。

手数料の無料もあって、思っていたよりも利益が出ました。ありがたいです。

【関連】PO当選!楽天証券初日はスッカスカ・・・

7月優待の残りも、できれば、auカブコムさんを利用させてもらいたいです。JMホールディングス(3539)なんか、金額的にも無料枠に十分収まりますので、ちょうど良いですね。

最大の懸念は、プレミアム料ですね。携帯のユニバーサル料金ぐらいの負担ならば払っても良いですが、この仕組みが始まったばかりで、実際の運用は未知数です・・・。バカ高い金額になることもあるんでしょうか?それだけは、勘弁してもらいたい・・・

一応、逆日歩と違って、売建時のプレミアム料で建玉保有中は固定されるようなので、後から想定外の高額請求をされることはないようですが・・・

でも、こんなものは、いっそのこと廃止してもらいたいですわ。。。

あと欲を言えば、SBI証券のように、現物取引と信用取引で、それぞれ別枠の100万円にしてもらえると助かるんですが・・・

カブコムさん、まだまだ改善点が多いですよ。吉報、待ってま〜す^^

コメント