ナガワ(9663)の空クロスはもう無理か・・・

ナガワ優待

ナガワ(9663)は、優待界では知らぬ人のいないクオカ銘柄の最高峰です。

この銘柄、ただでさえ優待利回りが優秀なのですが、長期認定を受けると、さらに優待利回りが倍以上に跳ね上がり、押しも押されぬトップ銘柄へと変貌します。

冒頭の写真は、ワタシが2021年の3月期に実際にいただいた株主優待ですが、総額25,000円分のクオカードがまぶしいです。2年以上の長期保有を認定されると、これがもらえます。

長期保有の認定を受けるためには、9月の空クロスが必須です。

以前は9月の空クロスが不要だったのですが、昨年(2021年)の優待制度の変更で、空クロスが必要となりました。

【公式】株主優待制度における保有期間条件の変更に関するお知らせ(株式会社ナガワ)

長期認定を狙う皆さんは、今月の空クロスを忘れないようにしましょう。

といっても、証券各社とも在庫はほとんど見当たらず、一般信用売りでのクロスはなかなか厳しそうです。

制度信用での突撃を検討されている方のために、現時点で逆日歩の見通しを載せておきます。概算ですが、だいたいこんなところです。(株価を7,480円として計算してあります)

  • 通常の場合(4倍適用)・・・18,000円
  • 注意喚起(8倍適用)・・・36,000円
  • 以上株不足(10倍適用)・・・45,000円

今年の9月は、逆日歩が3日分必要なので、高額の最高逆日歩になります。ナガワの株価は、以前よりもだいぶ下がりましたが、それでも、厳しい最高逆日歩になりますね。

現時点(9/19)では、注意喚起等の発令はありません。

空クロスですので、逆日歩も優待権利月よりは落ち着いている可能性がありますが、ワタシは実際、過去に空クロスでMax逆日歩を被弾した経験がありますので、その怖さは、一応知っているつもりです。

どうぞお気をつけください。

かつてはナガワ(9663)の長期認定組だったワタシですが、今年の3月にクロスし損ねましたので、今は、長期認定の資格を失っています。

チャンスが有れば、また長期認定組に戻りたいと考えており、この銘柄の信用売り状況などをちょこちょこ眺めていますが、クロスのハードルが高すぎて、長期認定組へのカムバックは難しそう・・・

まあ、9月と3月は、この銘柄に固執しなくても、ほかにもたくさん銘柄はあるので・・・、と自分を慰める日々でございます。。。

コメント